yellow


NY公演サポートのお願い yellow

この度、石丸さち子の主宰するTheatre Polyphonicは、石丸さち子の台本と歌詞、伊藤靖浩の作曲と編曲、Shino Fransesの翻訳で仕上げた新作ミュージカル"Color of Life"で、第14回のMidtown International Theater Festival(MITF)に参加申請し、3月、正式に招聘を受けました。
日本からは、初めての参加となり、主催者John Chatterton氏からは、歓迎と期待の言葉を頂いています。
今回のわたしたちの公演は、56席の小劇場で4回公演の、規模としては小さいものですが、演劇で出来ること、音楽で伝えられることの大きさで、観客の心を動かしたいと思います。日本発信のミュージカルとして評価されるだけでなく、世界に通用する作品を創る足がかりになる公演にと、願ってもいます。
NYで自分で劇場を借りて上演するには、たくさんのスタッフを同行し滞在し、その上で、上演に関する費用がかかりますから、大きなバックボーンがなければとても無理です。ですから、今回はわたしたちにとってまたとないチャンスです。
フェスティバル参加で劇場費が安くなり、現地のスタッフのサポートを無料で受けられるので、今回は、演出家と出演者、舞台監督の3人で渡米します。
ただ、NY在住の女優と英語公演のための稽古を現地で行いますので、滞在期間が長く、稽古場代、渡航費、照明・録音・舞台監督のギャランティー等合わせると、200万円は必要となります。
海外公演の助成等は、申請期間が直前なため頼れません。無謀な計画と知りつつ、この公演の企画者石丸さち子と伊藤靖浩は、二人の力でこの公演を実現させようとしています。
そこでわたしたちは、この企画に興味をお持ち頂ける方、芸術への情熱に賛同して下さる方々へ、サポートのお願いをすることにしました。
以下に願いを込めて、企画の詳細と、寄付のお願いを記します。
お一方お一方のお気持ちが重なれば、大きな助けになります。
どうぞ、わたしたちにお力をお貸しください。


公演概要  red

【出演】   伊藤靖浩 Shino Frances

【スタッフ】 作・作詞・演出…石丸さち子
       作曲・編曲………伊藤靖浩
       翻訳………………Shino Frances
       録音技術…………宮里豊
       宣伝美術…………Fran(杉崎壮一)
       舞台監督…………白石良高
       制作………………Theatre Polyphonic

【期日】7月16日(火) 20:00 7月19日(金) 21:45 7月20日(土) 8:30 7月21日(日) 19:00

【会場】Abingdon Arts Complex 1st floor
    Dorothy Strelsin Theatre , 312 W. 36th Street, 1st floor, NYC

【公演サイト】http://polypho.com/col


 MITFについて purple

MITF(ミッドタウン・インターナショナル・シアター・フェスティバル) は、2000年から毎夏ニューヨークで開かれているオフオフブロードウェイの国際演劇祭です。
ニューヨークでは、Lincoln Center FestivalやNew York International Fringe Festival、
New York Musical Festivalなど、毎年大きな演劇祭が開かれます。
"Theater Festivals: Best World Wide Venues for New Work."という全世界の演劇祭のガイドブックの著者Lisa Mulcahyは、MITFを、NYCで4番目に大きな演劇祭とし、また、世界で60の優秀な演劇祭にリストアップしています。
MITFは、"the off-off-broadway review"を発行してオフオフブロードウェイの普及に専心してきた、プロデューサーJohn Chattertonの氏の発案で生まれました。
ほかの大資本の動く演劇祭と違って、40人〜100人キャパシティーの小劇場を使った、想像力人間力重視の演劇祭であり、オフオフから才能を発掘する最高の場所だと、MITFのWeb Siteでは紹介しています。
参加することで、上質な作品には、一般的な公演では望めない多くのレビューが生まれ、注目されたカンパニーは、オフオフからオフへあがっていき、
公演を拡大していくきっかけになっています。
MITFにはアワードの準備もあり、毎年秋に、劇場を借り切って公開の授賞式が行われ、注目を集めています。



関係者経歴 indigo

 石丸さち子 (脚本・作詞・演出)

 sachiko

早稲田大学を卒業後、NINAGAWA SUDIOに俳優として参加。 1993年より、蜷川幸雄作品を中心に演出助手をつとめ、2008年、演出家として独立。 2006年、秩父市の要請で秩父市民ミュージカルを立ち上げる。 2009年、俳優のための私塾POLYPHONICを開設。週4回稽古場を開き、俳優の育成に力を注ぐ。 2010年、個人のプロデュース母体、Theatre Polyphonicを旗揚げ。 2011年より、自身の俳優活動も再開。 現在は、私塾公演4回、Theatre Polyphonic公演4回を数え、市民ミュージカルや外部演出でも作品を発表。 現代作家から古典まで、ストレートプレイからオリジナルミュージカルまで、幅広く作品を創り出している。 (活動の詳細は、official web siteからご覧下さい。)

伊藤靖浩 (作曲・編曲・出演)

yasuhiro

山形県蔵王温泉生まれ。母の影響を受け、幼いころより歌を始める。 その後、歌、芝居の基礎を学び、様々なジャンルに亘り本格的な歌の個人レッスンを受け始める。 11歳から、ピアノ、ソルフェージュ、13歳からマリンバと打楽器を、高校入学後の15歳から作曲を始める。 高校二年次在学中の2003年、大阪の吹田市で行われた全日本マリンバコンクールのジュニアクラスにおい て、3位及び奨励賞を受賞。 三年次在学中の2004年、自作の詩と曲の弾き語りで出場した高校生音楽祭東北大会において優勝し、 東北代表で全国大会に出場する。これをきっかけに作詞作曲をはじめる。 高校卒業後、昭和音楽大学に学費3/4免除の特待生として入学。在学中、学内外の多くの演奏会に出演す る。卒業後は、歌、打楽器、ピアノ、作曲、指導など、多方面で活動を行っている。
(活動の詳細は、こちらからご覧下さい。)

Shino Frances(翻訳・出演)

fran 

NYを本拠地に活動する、シンガー、俳優、ダンサー。日本生まれ。 6歳の頃ダンスを始め、それ以降、ダンスのみに留まらず継続的に演技のトレーニングを積む。 昭和音楽大学ミュージカル専攻を卒業。 幼い頃からNYで活動する現在まで、情熱的に、舞台での活動を続けている。

Off Broadway/Off-Off Broadway credits: Hisseli Harikalar Kumpanyasi, Beacon Theatre (Dancer/English Voiceover); From Broadway With Love (Maria, exerts from The Sound of Music); Wait For Hope (Mary Magdalene); 24Hour Play Fun, acting improve (Gina, Benefit for Pro-TV); Lulla’s Birthday Show (Dancer/Choreo.).Tour/Regional credits: ArtsPower National Touring Theatre; A Chorus Line, Crown Uptown Theatre (Connie Wong); Anything Goes (Mrs. Harcourt/Dance Cap.); Carousel (Ensemble).

Theatre Polyphonic logo2

2010年、演出家石丸さち子が、自らのプロデュース公演の母体として設立しました。 Polyphonicという名前には、「たくさんの創造力や想像力が、自由に響き合い絡みあって作品を産み出していけますように」という願いがこめられています。
現代若手作家に続いて、チェーホフ、イプセン、テネシー・ウィリアムズと、古典を緻密で美しい舞台に表現してきました。
繊細にして剛胆な演出、作品毎に出会う魅力的なキャスティング、俳優の生きる空間を支えるオリジナルの音楽や美術は、高い評価を得ています。

【作品】

 「悪魔の絵本」
 作:谷賢一 演出:石丸さち子 (2010年10月) 

 結婚披露宴会場で演じられる「三人姉妹」
 作:A・チェーホフ  作:石丸さち子 (2012年7月)
 
 音楽冒険活劇「ペール・ギュント」
 作:H・イプセン  作:石丸さち子
 作曲:伊藤靖浩(2012年12月)

 「テネシーの女たち」
 作:テネシー・ウィリアムズ  作:石丸さち子 (2012年3月)


"Color of Life"あらすじ blue green

男は、画家。東京で、絵を描いて暮らしている。
女は、両親の暮らす東京を離れて、一人NYで舞台の仕事をして暮らしている。
彼女は、人生の喜びのすべてだった恋人と、死に別れたばかり。恋人は女性。

東京→NYの機内で出会った二人は、意気投合し、やがて、NYの女のアパートメントで共に暮らし始める。
ビザの決めた3ヶ月という期限つきの時間を。

一人で生きてきた男性と、女しか愛せなかった女性。奇妙なカップルは、二人だからこそ感じる幸せに酔い、 二人だからこそ覚える痛みに惑い、苦しむ。それでも、どうしても出会うべきだった二人。

それぞれが、自分で色づけてきた人生の時間が、出会うことによって混ざり合い、ぶつかりあい、響き合って、新しい色が生まれていく。

やがて、時は過ぎ、幸福な90日間は終わりを告げようとしていた。


サポートのお願い gold

サポートの方法を下記に記します。どうぞお力をお貸しください。

█indiegogoという海外のクラウドファンディングに参加し、サポートをお願いしています。
     http://igg.me/at/col/x/2775838
こちらからクレジットカードにてご支援ください。
indiegogoからご支援頂くと、金額に応じて、わたしたちからのお礼のポストカードやお食事へのお誘い、オリジナル曲のプレゼントなど、薄謝が届きます。

█Twitterや、Facebook、ブログなどで、どうぞこのキャンペーンをご紹介ください。とても大きな力になります。
█公演用のCity Bankの銀行口座へ、お振り込みでお願いします。お志で十分です。

   City Bank銀行 新宿東口支店 (店番号040) 普通 7213661  SACHIKO ISHIMARU
     
どうぞよろしくお願いいたします!! 
お振り込みの際に、是非、下のフォームから、お名前とメールアドレスをお知らせください。
お礼を申し上げたいので、是非よろしくお願いいたします。